月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり


つ れづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
by anydaisuki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入リンク
検索
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:よしなしごと( 85 )


バカ日本地図

バカ日本地図

前の記事とぜんぜんつながってない、っていうか真逆ですね・・・すみません(^^;
かなりおバカな、でも実は自分も人のこと言えなかったりする地図が並んでたりして。

一番ウケたのがこの地図↓
http://www.chakuriki.net/japan/archives/2004/11/42.html
[PR]

by anydaisuki | 2005-06-23 12:53 | よしなしごと

もしも

「もしもわたしがあるけたら だれかをまもってあげたい」
(嘉数萌「もしも」)

口では”心配してる”とか“大丈夫?”とか言ってても、実はそれは相手に気に入られるために”心配している自分”を演じてるだけなんじゃないか、って思ったりする。
もしそうなら、相手のことなんて全然考えてなくって、自分のことばっかり考えてる、ってこと。

昔、大学の心理学の授業で、「現実に表れる現象と、その実は真逆だ」なんていうのを聞いたことがあるような気がするけど、”相手を想ってる”っていってる人ほど自分のことしか考えられてないんだろうな。

そう考えると、この詩の世界ってのはほんと深い。世間でいうところの“守られる”側の人が、”まもってあげたい”って言えるのは、ほんとすごいし、真似できるほど僕は人間ができてない。

それにしても、そんなことを15歳の女の子に教えられるとはね...

NHKハート展(嘉数萌「もしも」)
[PR]

by anydaisuki | 2005-06-14 21:03 | よしなしごと

内宮へ

b0021506_12564625.jpg昨日、仕事帰りに”A Peacetime MCU”を買いに行こうと思って伊勢へ。でも、JCTで何を思ったかやっぱりやめて帰り道へ。でも、またなぜかしら駐車場に車を停めて内宮へ。

月曜日の夕方、人気(ひとけ)はまったくなし。他に誰もいない玉砂利を歩いてるのは、なんか贅沢な感じでしたが。これだけ人がいないと、あの木々に囲まれて五十鈴川のそばにいるとすごく癒されて、なんかリフレッシュして生まれ変わるような感じがしました。

そう、この内宮も式年遷宮で神殿が建て替えられるし、キャッチコピーの”はじまりのまち”ってのは、ここに来たら新しく生まれ変わる、っていう意味なのかも。

♪そう何度でも 何度でも 僕は生まれ変わってゆけ~る(蘇生/Mr.Children)

それにしても、一生に一度はお伊勢参り、ってのを仕事帰りになんかしてしまってバチでもあたらないかしら(^^;
[PR]

by anydaisuki | 2005-06-14 12:57 | よしなしごと

ロールプレイ

Aは、自分でもよく理解できない用件にもがいていた。Aの知力不足に加えて、そもそもその用件を取り巻く状況そのものがまったく呑み込めていなかったことが更に拍車を掛けた。だがそうこうするうちになんとか答えを見つけたAは、その用件を依頼してきたBへ回答しようと、目の前の電話に割り当てられている庶務担当への短縮ボタンを押した。
X「はい、庶務です。」
A「すみません、営業のAです。Bさんはみえますか?」
X「あー、、、、お前はBの彼氏だろ!」
A「えっ・・・」
X「お前は誰だ」
A「Aですが」
X「Bの彼氏だろ」
A「いやっ、・・・とんでもない」
X「おい、B、彼氏からだぞ」
B「もしもし、すみません、Bです。」
・・・
そもそもBの彼氏でもなんでもなく、”X”が何者であるかも知らないAは、まったくの不意打ちをくらってしまいショックを隠しきれずにいた。Bに頼まれた用件の処理で頭がいっぱいであったAは打ちつけられたことで混乱し、取り乱しそうになった。いや、正確に言えば、Aは目の前に光るディスプレイをただ眺めることでしかやりすごすことができなかった。Aの熱くなったまぶたを冷ますのに、目の前のぬるいコーヒーは十分過ぎるほど無力だった。
[PR]

by anydaisuki | 2005-06-10 23:49 | よしなしごと

蒟蒻畑のCM

さっきテレビで見たのですが、思わず引き込まれて、ほんのちょっと胸を揺さぶられました。ちょっとした短編映画っぽいかな、役者の表情の微妙な加減とかがなんともいえない感じがして。

http://www.mannanlife.co.jp/cm2.html
(Windows Media Player)
[PR]

by anydaisuki | 2005-06-04 08:51 | よしなしごと

どらいばーのバラッド

b0021506_12474151.jpg

嗚呼 走ることは難しいことじゃない
その胸の目隠しを そっと外せばいい

空に浮かんでる言葉をつかんで
メロディーを乗せた雲で旅に出かける

42号線の彼方に何がある? 気になるから行こうよ
窓の外には潮風が
腕組みする岩の影に吹くけれど

ぼくらを乗せて ドライブは続く…
[PR]

by anydaisuki | 2005-05-30 12:50 | よしなしごと

政治家の言葉

私は、とかく政治家の言葉に感動したり動機付けられたりすることはほとんどなく、むしろ批判を向けたり裏を探ってしまいます。
でもそんな私にも例外があります。
それまでは1つだけだったのですが、今日もうひとつ増えました。

「困難な状況は、とかく他人に責任を転嫁したり、愚痴をこぼしがちになります。過去と他人は変えられないけれど、自分と未来は変えることができます。」
(竹内千尋「施政方針」2005年、広報しまVol.8 p.6)

何気ない言葉かもしれないし、ここで言ってるのは志摩市の状況だけど、等身大の言葉に置き換えて読んだら、今私が置かれている状況に少し光を射してくれたような気がしたのですね、なんとなく。

cf.) 昨日のOh,No 明日のYes 変えるのは君なのです 君なのです
コケるのは何度だって構わないのです (昨日のNo、明日のYes/Gaku-MC)

じゃあ、それまでのひとつは、って?

「痛みに耐えてよく頑張った。感動した。おめでとう。」

言わずもがな、小泉純一郎総理が貴乃花関に送った賛辞。
別にいいんです、こんなこと書いたら、「お前って、単純やな~」とか言われるかもしれないけど。

このセリフ、私の就職が決まった前後に発せられた言葉なのです。なんだか、自分のがんばりみたいなものを、人には「いやぁ~、ぜんぜん、まぐれですわぁ~」とか言って自分でも自分を認めてなかったんやけど、この言葉がふとテレビから流れてきたのを聞いて、なんか自分のがんばりを認めてもらったような気がしたのですね。
客観的に見たら、「コイツ、イタイ」って感じやけど(^^;

長々と書いてしまいました、すみません。
[PR]

by anydaisuki | 2005-05-27 23:34 | よしなしごと

10万キロ達成!

b0021506_130521.jpgわたしの愛車、びっつRSが、10万キロを達成!
5月22日(日)23:05東名阪下り74.5キロポスト付近でその瞬間を迎えました。
その時のBGMはyouthful days、そう、なんだかこのびっつRSにいろんな人に乗ってもらって、いろんな所に行ったなー、と思うとなんだか泣けてきそうになりました。
ほんとごくろうさま、これからもよろしく!
b0021506_1302695.jpg
[PR]

by anydaisuki | 2005-05-23 12:56 | よしなしごと

OSAKA CITY HIERARCHY

b0021506_1525313.jpgオーサカシティー ヒエラルキー
名乗らないのが彼等のルール
誰も結末を明かさない
何も無かったように立ち去るのが彼等のルール
でもgreenlabelが好き コインパーキングが好き
神座ラーメンのスープが好き
ビルの谷間に沈みゆく夕陽に
独りじゃないさと阪神高速の天使はそっと囁きかける
[PR]

by anydaisuki | 2005-05-22 15:09 | よしなしごと

告白します

b0021506_0495886.jpg
私はぱんじゅうが好きです。
といっても、昔ながらの七○ぱんじゅうを食したことはないのですが、最近伊勢の街にはぱんじゅう屋がどんどんできてきています。とくにこのぱんじゅうは、あんこの塩梅が絶妙です。
私は、赤○よりも、へん○餅よりもぱんじゅうが好きです。

P.S. この写真、あんま美味そうに見えないですね。。。
[PR]

by anydaisuki | 2005-05-21 00:56 | よしなしごと