月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり


つ れづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
by anydaisuki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お気に入リンク
検索
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:音楽( 21 )


THIS IS HYBRID INNOCENT @ Zepp Nagoya

b0021506_1234361.jpg

このブログの筆をとるのも半年ぶりくらいかな?
なんだか新鮮なような、なんというか・・・

ほんとは行ってすぐ書こうと思ってたけど、なんだかんだでここまで引っ張っちゃいました。
ってなわけで、ライブレポを。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ミスチルがライブハウスでやるなんて、FC限定では覚えがあるけど、こんな一般向けでツアー組むなんて、ブレイクしてから初めてじゃないかな?

そんな、ミスチルのZeppでのライブに行った 連れてってもらった 誘ってもらったわけで。

で、押し合いへしあいで、なんと一時は最前列で見ることに!(でも、すぐまた押し戻されて、結局は前から2人目くらいで落ち着いたけど。。。)

それにしても、めっちゃ近い!それに、ライブハウスやからとことん盛り上がれる!!
(2年前に行った”相志奏逢 vol.2”も、ブルーノートやったし、ほんま近かったけど、座って落ち着いてワインを傾けながら聞く、って感じやったから、なんかすぐそばに桜井がいても、その興奮をなんとかソファに押し付けてるっていうか、そんなもどかしい感じやったんやよね。。。)

ということで、ナカケー前をキープして、桜井も斜め左にすぐそばやって、もうすごかった。

なんか、夢の中の出来事、って感じで、ほんまリアリティがないっていうか、あれってほんとやったんやろか、って感じ。

まさに、DVDの中の、ディスプレイのあの表情がまさにすぐそこにあるっていうか、、、
こういう時って、どうしても映像と実物を無意識のうちにシンクロさせちゃうゃんだよね。
「今目の前にいる桜井は、DVDの桜井と同一人物なのか」ってね。

なんていうか、「実物が目の前にいるからすごい」っていうより、
「あのDVDで見た桜井が、実物で目の前にいるからすごい」って思考回路になっちゃうんやよね。
・・・なんか不自由な感じがする。
まあ、どっちでもいいんやけどさ。

でも、その”近さ”に酔いしれるのは最初だけで、セットリストが進んでいくにつれてもう、その曲の世界に引き込まれるっていうか。そう考えるとなんか贅沢やなあ、そんな楽しみ方。

そうそう、ピロウズの「つよがり」、もう最高でした。
泣けそうになった。。。
たぶん、チルのオリジナルよりも、ずっとかピロウズのカバーの方が胸にずんとくる。
・・・まあ、そう思うのも、オリジナルがあるからやろけど。

ただ、大サビの
♪愛しさのつれづれで かき鳴らす6弦に 不器用な指が絡んで 震えてる~
ってとこは、さわおさんは地のシャウトで引っ張ったけど、ここは桜井のファルセットの方が「震えてる」への掛かり方ってのではいいかも。

というわけで、なんかすごく断片的な書き方で、しかもよくわなんないレポ(っていうか、レポになってないか)ですんません。

とにかく、ライブ終わってすぐのビールは、水のようにあっという間になくなっちゃって、ほんま美味しかったです、はい。

P.S. Mさん、ほんま誘っていただいてありがとうございました!
[PR]

by anydaisuki | 2006-10-08 17:12 | 音楽

らいぶ!ライヴ!!LIVE!!!

昨日、昼休みにサクサクしてたら(何してたんだ!?)、その人のこれまでに行ったライヴをずらずらと書き連ねてあるページを見つけた。
そんでもって、家に帰ってからもサクサクしてたら(だから何してたんだってんだ!?)、またもや同じようにそれまでに行ったライブをずらずら連ねているサイトを見つけた。

字面をなぞるだけなら、無機質でなにも感じない。
でも、すこしスピードを緩めてそのリストを眺めてると、その人がどんな音楽が好きで、どんな雰囲気の会場のライヴによく行ってて、なんておぼろげながらにイメージが浮かんだりしてくる。

どんな食べ物が好きか、どんな本が好きか、ってのと同じように、どんなライヴが好きか、ってのもその人がどんな人なのかを知るためにはひとつの手掛かりになるのかもしれない。

・・・なんて御託を並べるのはこれくらいにして、無機質すぎるくらい無機質に、感想もなにもなしにこれまでに行ったライヴをおぼろげな記憶を頼りに並べてみる。(抜けてるのもいくつかあると思うけどご容赦を)

1996 "regress or progress"@sun arena
1996 "regress or progress"@rainbow hall
1997 B'z "LIVE GIM 'Pleasure!!' "@Nagoya Dome
1998 SPEED "RISE"@sun arena
1998 the brilliant green "There will be live there vol.1"@Club QUATTRO
1999 globe "Relation"@rainbow hall
1999 "DISCOVERY"@rainbow hall
1999 "DISCOVERY"@rainbow hall
1999 the brilliant green "There will be live there vol.2"@Club QUATTRO
1999 Hysteric Blue "Jump! Jump!! Jump!!!"@Zepp Osaka
2000 宇多田ヒカル "BOHEMIAN SUMMER"@Ishikawa Industrial hall
2000 "Q"@Osaka-jo hall
2000 "Q"@Kobe International hall
2000 "Q"@rainbow hall
2000 "Q"@rainbow hall
2001 "popsaurus"@Shizuoka stadium "ecopa"
2001 "popsaurus"@port messe Nagoya
2001 "popsaurus"@Yokohama stadium
2002 elvis costello "when i was cruel"@Nagoya citizen's hall
2002 "Dear WONDERFUL WORLD"@Shibuya Kokaido
2002 "Dear WONDERFUL WORLD"@century hall
2002 "WoneDERFUL WORLD on DEC 21"@Yokohama arena
2003 MY LITTLE LOVER "Organic"@Diamond hall
2003 day after tomorrow "elements"@Diamond hall
2004 Kraftwerk "Tour de france"@Nagoya citizen's hall
2004 MY LITTLE LOVER "FANTASY"@Osaka Festival hall
2004 "シフクノオト"@Yokohama arena
2004 "シフクノオト"@Ishikawa Industrial hall
2004 平井堅 "Ken's Bar"@sun arena 
2004 "シフクノオト"@rainbow hall
2004 "シフクノオト"@Ginowan Open space theater
2004 LOVE PSYCHEDELICO "Mind across the universe"@Diamond hall
2004 Bank Band "BGM vol.2~沿志奏逢"@Osaka Blue note
2004 Kemuri "CIRCLES"@Kobe Chicken George
2005 Bank Band with great artists "ap bank fes '05"@Tsumagoi
2005 ケツメイシ "女将さん!!もうこんなに入ってますけど、よろしいんでしょうかFES 平成17年"@rainbow hall
2005/11/12 "アイ ラヴ ユー"@Osaka Dome
2005/11/13 "アイ ラヴ ユー"@Osaka Dome
2005/12/11 "アイ ラヴ ユー"@Sapporo Dome
2005/11/17 "アイ ラヴ ユー"@Nagoya Dome
2005/11/18 "アイ ラヴ ユー"@Nagoya Dome

今後の予定
2006 三谷幸喜作・演出 "12人の優しい日本人"@Umeda theater drama city
(これはライヴじゃないね)

※ライヴタイトルの前にアーティスト名がないのは、Mr.Children
[PR]

by anydaisuki | 2005-11-08 09:42 | 音楽

#1 Worlds end

b0021506_12573513.jpg

”rockin'on JAPAN”読んで触発されたわけじゃないけど、なんとなく私がミスチルのnew Alに触れないというのも変な感じなので、とりあえず”ちくらい流”ライナーノーツでもどうぞ。

--------------------------------------------------------------

始まり、ある雑誌にも書いてあったけど、2ndAl"KIND OF LOVE"の始まり(”虹の彼方へ”)を思い起こさせるような、まさに「いきなり始まる」って感じ。
でも、2ndのそれと曲自体はまるで世界が違う。

“虹の彼方へ”では、"The future in your eyes wishes come true."ってピュアに歌ってれば何かに届くようなシンプルな8ビート。

でも今は、”I love you"と歌うにしても、結局は様々な制約条件の元で最適化するしか術がない、ってな感じ。

そんな、もどかしくも複雑で、でもそんな何層にも積み重なった音の間を浮遊して聴き進んで行くのも、それはそれで面白い。

(photo)世界の果て、って感じのイメージ。
      でも実は鳥取砂丘だったりして・・・
[PR]

by anydaisuki | 2005-10-06 12:57 | 音楽

気になったメロディー vol.2

昨日Wonder GOOに行った時、店の中でかかってた音楽がなんだか心地よくって、思わずスピーカーの方にひきよせられたというか。
「anydaisuki君はウィスパーボイスの曲が好きなんやね」と言われたことがあるけど、まさにそんな感じ。ミディアムテンポ(?)で流れるような、軽やかな感じっていうか、車の中で聞き流すにはもってこい、って感じの、m-floのCome againっぽい感じ。

・・・で、店員さんに「今かかってる曲はなんて曲ですか?」って聞いてみた。
店員さんはカウンターの中に行き、なにやらごそごそと。
”有線やったらわかんないだろうなー”って思ってたけど、意外にもCD1枚ずつかけてるんやね、タワレコもそんな感じでした。

ちなみに、前タワレコ行った時、そのままカラオケバージョン流れちゃってて店員さんが慌ててCD替えてたことあったけど。

「たぶんこれっちゃう?」って見せてくれたジャケットは、hiroのcloverという曲。

早速借りてきたかったけど、レンタルビデオ屋にレンタルカード持たずに行くという、財布忘れたサザエさん状態だった僕はまた明日来ることを誓ってCDヒットチャートの棚を後にしたのでした・・・
[PR]

by anydaisuki | 2005-08-04 17:31 | 音楽

ワガママ

「人のために出来ることはあっても
人のために生きることが出来ない」
(暴れだす/ウルフルズ)

先日行ったフェスで、トータス松本さんが歌ってくれた曲。
このフレーズを聴いた途端、思わず空を仰いでしまった。
なにか、近視眼的にしか考えられてない自分を俯瞰させられたというか...

「君と君の好きな人が百年続きますように。」
(ハナミズキ/一青窈)
[PR]

by anydaisuki | 2005-07-20 00:10 | 音楽

気になったメロディー

♪置いてった思い出は~

今日、朝ねぼけまなこでめざましてれび見てて、こんなフレーズのメロディーが流れてきて。すごく心地よくて軽やで、でもどんな曲かわからない・・・
”お台場冒険王のFUJI POP FES”とやらに出演するアーティストらしいのだが。オフィシャルサイト見てもどれがそれなのかわからない・・・

というわけで、もし知ってる人がいたら教えてくらさいf(^_^
[PR]

by anydaisuki | 2005-07-15 12:50 | 音楽

ミュージカルバトン

とあるブログに行ったら、いつのまにかご指名されてました(^^;
記事のネタもあんまなかったので、ありがたく書いてみます。

さて、その”ご指名”というのは、
---------------------------------------------------------------
私の所にミュージカルバトンと言う物が来ました。
質問は以下の物です。回答後に次の5人に回して下さい。
●コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
●今聞いている曲
●最後に買ったCD
●よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
●バトンを渡す5人
--------------------------------------------------------------
というものです。

●コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
悲しいかな7年選手のNXでは、PCで音楽を処理するなんて「小学生が微分積分いい気分?」ってくらいムリなんです。チルのレア音源数曲で数百Kってとこ?
というわけで、iPodほしいけど、それ以前にPC替えたい...

●今聞いている曲
今、これ打ちながら聴いてるのは、”TOUR シフクノオト” DVDです。
ちょうど、"innocent world"~"くるみ"ってとこです。
最近やと、
and I love you/ Mr.Children
ランニングハイ/Mr.Children
未来/Mr.Children
ヨーイドン/Mr.Children
・・・って、車の中で『四次元 Four Dimensions』ばっかリピートで聴いてるので。

●最後に買ったCD
simply blue/akiko
・・・牛角行った時かかってたBGMが気になって、店員さんに「これ何て曲ですか?」ってきいたら、「ジャズです」って言われた(^^;ので、しかたなくタワレコのジャズコーナー行って手に取ったRecommendsのひとつ。
ケツノポリス4/ケツメイシ
・・・ご存知のとおり。「」が好きです。(もちろん「さくら」も)

●よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
たくさんあるので、分けて書きます。
<よく聴く曲>
ミスチル全曲(笑)
There will be love there-愛のある場所-/the brilliant green
スロウな恋/MY LITTELE LOVER
Last Smile/LOVE PSYCHEDELICO
Stay by my side/倉木麻衣
ダンスホール/Cocco

<特別な思い入れのある曲>
Mirror/Mr.Children
カルアミルク/Bank Band
ツバサ/アンダーグラフ
Come again/m-flo
クラスメイト/Mr.Children

●バトンを渡す5人
bonnieさん
ミエさん
マーティさん
Tommy
Pine treeくん
・・・勝手にふってしまいました。もしこういうの嫌いやったらごめんなさい。

個人的には、”ブックスバトン”みたいなのやったら面白そーな気がするが。あんま続かなそうやけど(^^;
さ、今"Tomorrow never konows"終わったとこです。(←"TOUR シフクノオト" DVD
[PR]

by anydaisuki | 2005-07-09 22:38 | 音楽

さまよう果実

b0021506_2328416.jpg


藤井フミヤの「奇妙な果実」というアルバム。
聴いたことはないのですが、これのCMに引き込まれてしまいました。

”33才。私、ひとりもの。
何気なくぼーっと本を読んでるシーンから瞬時に一転、暗闇の中で涙を流す。”

こんな感じでしょうか。
このコントラストの激しさの一瞬の移ろいにやられてしまいました。

藤井フミヤ「奇妙な果実」(Sony Music Online)
(シーンは違うけど、同じ曲のプロモがちょっとだけ見れます。)
[PR]

by anydaisuki | 2005-07-04 23:23 | 音楽

The best lyrics of "Four Dimensions"

b0021506_167288.jpg


「君に想いが強く向くほど 臆病になるのが分かって
素直には認められなくて
でも 君が僕につき通してた 嘘をあきらめた日
それが来るのを感じたんだ」
(Mr.Children/and I love you)

引っぱりますよ~、Four Dimensionsネタ(笑)

この歌詞、私の中では"Four Dimensions"で一番です。
客観的に素晴らしい、とかじゃなくって、すごく個人的に感情移入できるというか。

そういや、先週の"our music2×Mr.Children"でのここの桜井のパフォーマンスは鳥肌モンでしたわ。

P.S. 書いてみて気付いたけど、”嘘”を”あきらめる”って言い回し、こんなの思いつくってのはほんとすごいなぁー、って思ってしまう...
[PR]

by anydaisuki | 2005-07-03 16:09 | 音楽

For Dimensions

b0021506_1445395.jpg先日、タワレコで試聴してたときのこと。
何気なく店内POPを見ると、そこには’”FOR” DIMENSIONS’の文字が...
そやね、その後店内ふらついてたら、バイトの店員さんが”ケツノポリス4”のPOP書いてたしね。
でも、ふと思うと、このミスタイトルもなかなか奥深いな、って思ってしまう。
次元が4つまでに限定されてるんじゃなくって、よく数学であるみたいに”n次元”を想定してあえて"For"ってしたのかな、とか。たぶん考えすぎやろうけどさ。

P.S. 1曲聴くうちに4人も手にとってったのには驚いたけどね。
さすが’"Four"Dimensions’やわ。
[PR]

by anydaisuki | 2005-07-01 01:43 | 音楽